Skip to content

キャットフードの現状

猫の主食はキャットフードです。キャットフードだけでも種類は豊富です。今も野良猫はいますが、家でペットとして飼われている猫は、自分で食べ物を用意することができません。飼い主が数あるキャットフードの中から、最適な物を選んであげることが大切です。

人が食べる物がそうであるように、猫が食べるキャットフードも品質が重要です。ホームセンターや量販店に行くと、大きな袋に入った格安のキャットフードが販売されています。コスパを考えると、大量に入っていて安い物を選びたくなりますが、猫の主食となる以上、原料や質を考えて選ぶ必要があります。というのも、安価で大量生産されているキャットフードは、ある程度保管することを前提にしているので、キャットフードが劣化しないよう酸化防止剤や保存料を使用しています。これらは化学的に合成された添加物です。長期間保存してもすぐに腐ることはありませんが、添加物を大量に含むキャットフードを食べていると、猫の健康を蝕みます。

人間がそうであるように、猫にとっても食事は重要です。中には農薬を使用して栽培された野菜や穀物、人用の食品には絶対に使用しない副産物なども入っています。これらの原料を使用することで、キャットフードを作るコスト削減が可能になります。有名な大手メーカーなら安心と考えがちですが、大手のキャットフードにも添加物や酸化防止剤、人の食品には使用しないような副産物を使用している物はたくさんあるので注意が必要です。